プログラミング言語

学びと活動

中学生のプログラミング教育

中学生は成長が一番はやい時期です。自分が生きている社会に対しても、少しずつ自分の考えを持ち始めています。この時期のプログラミング教育は正しく行えば、高校生になるとき自分の生き方や目指す目標をはっきり見えてきます。
学びと活動

iPhoneアプリ開発を楽しもう!

未来学校の上級クラスの生徒は、1年間をかけてiPhoneの開発技術を学びます。前半は基礎的な開発から始めます。画像の表示や電卓アプリなど簡単なアプリを作りながら新しい言語Swiftを習得します。後半は、自分のアイデアを出してオリジナルアプリを開発してもらいます。
学びと活動

2030年に必要なスキルの1位は「戦略的学習力」。

未来学校の生徒がいま学んでいるプログラミング言語ですが、10年後その言語が使わなくなることがよくあります。そのため、生徒が学ばなければならないのがプログラミング言語の学び方です。
学びと活動

開発現場でJavascriptが使われているか

日経XTECHが2019年開発現場で最も使われているプログラミング言語を発表しました。 Javascirptは3位にランクインしました。世界的にもJavascriptが愛されている言語の一つとわかります。