高校生のプログラミング教育

未来学校プログラミン教室学びと活動

高校でプログラミングを教えるのがもうすぐ2年になります。通信制の高校なので、毎週オンラインで授業を行います。画面を通して、ゲームを作ったり、アプリを開発したり、生徒はプログラミングの技術を覚えていきます。高校1年生はJavascriptを学んで、プログラミングの基礎知識を習得してもらいます。2年生になると、iPhoneアプリの開発を学びます。大きな飛躍がありますが、正しい学び方さえわかれば、中学生も同じくできます。(現在、未来学校プログラミング教室でiPhoneアプリを開発している中学生が数多くいます。)

高校生のプログラミング教育は人生に影響するかもしれません

未来学校プログラミング教室

高校生はこれからの人生の一番大事なところにいると私は思います。そのまま卒業して就職する生徒もいます。高校卒業後専門学校へ進学する生徒もいます。大学へ進学する生徒もいます。どの道へ進んでも、プログラミングという技術を身につければ、選択肢が広がります。高校プログラミング教育はそのためのものだと私は思います。

私の塾では小学高学年と中学生が多いです。プログラミング中級コースが終わった生徒と、必ず今後の学び方向性を面談します。その時感じたのが、中学生はまだ自分の将来の方向性をはっきり決めていません。もしくはなんとなくのイメージしかありません。中学生なので、もう将来のことを考えないといけない時期にはまだなっていないので、自分の方向性がわからないことは当たり前と思います。しかし、逆に高校生の場合、自分のやりたいことが決まっている生徒が多いです。家でははっきり親には言っていないかもしれませんが、ちゃんと自分の目標を目つけました。

はっきり目標を持っている高校生にとって、高校3年間の時間がとても重要になります。学校の勉強はもちろんですが、自分の目標を達成するために、いま何を学ばなければならないか、見えてきます。プログラミング技術を身につけると、どれぐらい自分にプラスになるかも、はっきりと分かります。そのはっきりした未来図は、プログラミング勉強の原動力になり、本当によく頑張って勉強してくれます。

高校での勉強だけでも忙しいのに、どうやってプログラミングを学べばいいでしょうか?

これはなかなか悩ましい問題です。高校の学習内容は中学より遥かに難しくなり、たくさんの練習問題を解かないと習得できない重要ポイントがおおくあります。進学塾に行けば、学校の宿題に塾の宿題もあり、本当に時間がないと毎日実感していると思います。

このような忙しさの中、プログラミングの勉強が本当にできるんでしょうか?

正直あまり忙しすぎるなら、プログラミングを勉強する時期ではないと思ったほうがいいです。プログラミング技術は、暗記しなくても良い技術ですが、理解しないと応用できないので、ある程度の練習が必要です。例えば、未来学校では、初級の課題はだいたい1年間で完成できますが、中級の課題は全部で2年〜2年半ぐらいかかる計算です。たくさんの練習をしてはじめて理解でき、プログラムを作れるようになります。余裕がなければ、高校卒業後考えても遅くはありません。

時間が少し取れる高校生なら、ぜひ勉強してみてほしいです。学校や塾の勉強に影響せず、週1回のプログラミング教室に通えば、問題なく習得できます。少なくとも私の塾では、進学塾とプログラミング教室に並行して通っている生徒が多いです。教室に来るときしっかり学べばいいです。ただし、教室に来るときだけ学ぶことになりますので、人によって勉強が少し遅れることがあります。それでもコツコツやれば、必ず習得できます。

もし時間的に余裕がある高校生なら、いますぐプログラミングを勉強してください。いまは、あなたにとって学ぶ絶好のチャンスです。ほかの方より早く上達できるかもしれません。その分、さらに最新の技術を学ぶことができます。毎日でなくても、週2,3回家でもプログラミングを勉強すれば、すぐ上達できます。ぜひ高校3年間の時間を大切にして、プログラミングを学んでください。

高校生は何を勉強すればいいでしょうか?

プログラミング言語はいろいろありますが、高校生の場合は、以下の3言語を必ず学んでください。

1.Javascript
2.PHP
3.Python

Javascriptは初心者にも学びやすい言語です。しかも実際に多くのIT会社や開発会社で使われています。非常に重要な言語の一つです。まだプログラミングの開発に慣れていない方にはおすすめです。Javascriptを学びましたら、次はPHPです。PHPはウェブサービスやウェブアプリケーションによく使われている言語です。ネットショップやSNSなどの開発にも使えます。最後はPythonです。Pythonは近年人工知能に使われている言語です。ライブラリーを使えば人工知能に必要な高度の計算ができます。金融、工業、農業などIoT分野、ロボット分野でも広く使われています。

焦らずに、1つ1つ学ぶことをおすすめします。1つの言語だけではなく、複数の言語を学ぶことにより、プログラミング言語の共通点がわかり、さらにそれぞれの特徴もわかり、実装するときどの課題にどの言語を使えば問題解決できるか、わかるようになります。高校生の場合、じっくり学ぶことができますので、ぜひチャレンジしてください。

未来学校プログラミング教室

高校生なら、いますぐ始めましょう!

未来学校は、中級でJavascriptを学び、上級ではPHP、swift、Pythonを学ぶことができます。すべての学びは高校卒業後のためになります。まだ迷っているなら、ぜひ一度ご相談ください。

コメント