人工知能&ロボット開発

かしこいロボットとアホなロボットを作って先端技術を学ぼう
MT研究室 研究員コース

人工知能、IoT、ロボット。
未来学校は、この3つの最先端技術を研究開発を行っています。

人工知能は人間の脳の働きを模倣するプログラムのことです。この何年間、人間と同じぐらいまたは人間を超えるぐらいの精度で多くのことができるようになってきました。10年後に人工知能に使われる側にならないように、今から人工知能を学ばなければなりません。人工知能の基礎開発を学び、そして活用することが本コースの目標です。

IoTとは、Internet of Thingsの略語です。つまり、モノのインターネットです。様々なモノをインターネットにつないで情報交換したり制御したりする仕組みのことです。IoTが注目されている理由の1つは、データです。様々なセンサーから膨大なデータを収集できます。人工知能AIが幅広く使われるようになってきた今、データがないと人工知能AIの力を発揮することができません。そのため、IoTのデータ収集がAI技術発展に不可欠な存在となっています。データの収集や分析、人工知能AIの活用ができる人材が今そしてこれからの時代に必要となっています。データサイエンティストという職業を聞いたことがありませんか?海外ではかなり人気のある職業で、アメリカではデータサイエンティストの平均年収は1200万円を超えています。日本でも今後需要がかなり高くなる職業と予想できます。

ロボットは、人口減少の日本では色んな分野でこれからどんどん増えていくと思われます。ロボットに知能を与えて、私たちはそのロボットと協働で仕事をこなす未来が少しずつですが、確実に近づいています。そのための準備はいまやらなければなりません。プログラミングを何のために学ぶかを考えながら、人に役に立つサービスやロボットを作ります。

未来学校MT研究室の研究員は、人工知能、IoT、ロボットの研究開発を行っています。データ収集から、AI分析、ロボット活用まで、プロジェクトごとに必要な開発知識と技術を自ら見つけ出し、基礎からしっかり学べます。それぞれの生徒の洞察力、分析力、発想力を最大限に動員し、他のプロジェクトメンバーとコミュニケーションを取りながら、最先端の技術を共に学び、共に成長できます。10年後にも役に立つプログラミング学習を中高生、大学生にチャレンジしてもらっています。

本コースでは、WebサービスとiPhoneアプリ開発を学び終えた生徒が、活用という視点から研究開発を始めます。人工知能の開発によく使われているPythonを駆使し、人間の目の役割をしているカメラの画像認識、画像分析の開発活用を実践します。PBL(Project Based Learning)という学習手法を使って、実践的に学びを深めます。研究開発結果を日本学生IT研究学会で発表することになります。

関連記事:
学会発表は、NECの新卒1000万円の条件の一つです
AI戦略2019 (内閣府) PDF
大学は「AI✕専門科目」 企業は社員のAI再教育に

募集要項

募集対象
中学生、高校生、専門学校生、大学生
※ 本コースは基本MT研究室の3年目以降の研究員向けです。
※ 外部生の場合MT研究室の2年間基礎開発コースを修了しなければなりません。

大人
※ プログラミング経験は不問。完全個別指導。
※ 授業時間は基本平日の午前。要相談。

授業内容
・Pythonによる最新プログラミング技術(データ分析、人工知能など)の基礎と応用
・Pythonによるロボット技術(センサー、モーター、遠隔操作など)の基礎と応用
日本学生IT研究学会への投稿、年次大会での発表
・学生起業相談

費用
月謝 4回 15,000円(税込)
   3回 12,000円(税込)
   2回 10,000円(税込)
日本学生IT研究学会の会員年会費が含まれています。

人工知能に関する参考書はたくさんありますが、まず以下の参考書を使ってみましょう。必要に合わせてご購入ください。下のリンクをクリックすれば、Amazonのサイトに遷移します。

詳細!Python3入門ノート

Pythonで動かして学ぶ!あたらしい機械学習の教科書

PythonによるAI・機械学習・深層学習アプリの作り方

やさしく学ぶ 機械学習を理解するための数学のきほん

タイトルとURLをコピーしました