IT資格(プログラミング資格)は本当に必要なのか?

未来学校プログラミング教室 学びと活動

塾生の親御さんからたまに資格の相談を受けます。すでに今後の就職を意識していまプログラミングを習わせている親が多いと思います。IT資格、またはプログラミング資格は本当に必要なのか?必要なら、どんな資格を取ったほうがいいでしょうか?

この記事は、未来学校の教育理念を含めて、わかりやすく説明します。

資格を取る価値がありますが…

未来学校プログラミング教室

論からいうと、資格は、必ず必要とは言えませんが、取る価値があります。

その理由を説明するには、以下の質問をまず考えてみましょう。
1.資格を取る目的は何でしょうか?
2.資格を取るためのコスト(時間・体力など)と価値は何でしょうか?
3.その資格はどれぐらいの人が持っていますか?
4.自分のやりたいことは何でしょうか?

ちなみに、ここでは学生の立場になった説明します。一部の内容は社会人も参考できるかもしれませんが、あくまでも学生の立場から考えです。

資格取得の目的

そもそもなぜ資格を取ろうとしていますか?基本的には、以下の3つの理由が考えられます。
・将来の就職のため
・自分の能力を知る、または高めるため
・なんとなく

1つ目の理由は就職です。すごくまっとうな考えです。しかし、就職のとき、本当に資格が有利になるかというと、そうでもありません。いままでは資格重視の採用が多いと思いますが、それは資格と学校の専攻以外判断する要素がないからです。しかし、これからの時代は、資格より実力が見られることが確実に増えます。実は簡単に想像できます。もしあなたが採用担当者なら、資格を持っている人と実力を持っている人、どっちをとりますか?私は実力の方を取ります。なぜなら、資格はあくまでもあなたがその知識を持っている証明です。実力を証明するものではありません。しかし、学生が自分の実力を証明することがかなり難しいです。だから、いまは結局、資格比べの状況になってしまいました。しかし、もしあなたが自分の実力を証明できれば、間違いなく、企業はあなたを採用します。そう考えると、資格は必ず必要なものではありません。ただし、その代わりに、あなたが本当に実力をもち、かつ自分の実力を証明できるものを用意しなければなりません。

2つ目の理由は自分の現在の能力を知ることと、自分の能力をさらに高めることです。これは非常に有意義な学びになります。資格を取ること自体を目的にせず、自分の能力を測るもの、自分の能力を拡張するものと見ています。これは学生にとって最も理想的なスタイルになります。資格の勉強をして、自分の足りないことがわかり、それを次の学びにつないでいきます。目標があり、成果もあり、成功体験をどんどん積んで、気づいたら資格も取れています。ただし、注意しないといけないのが、学生はあまりたくさんの関係ない資格を取るべきではないと思います。なぜなら、一つは時間の問題。もう一つは実力をつくためには1つのことを深く勉強するのが重要からです。

3つ目の理由はなんとなく、もしくは親に言われたからです。あまり自分から勉強しようとも思っていないので、興味ない資格を時間をかけて勉強してもうまく行かないことが多いです。これなら、資格勉強よりもっと自分のやりたいことに時間を使ってほしいです。

資格取りのコストと価値を知る

資格を取るには時間や、労力がかかります。特にIT関係、プログラミング関係の資格。実技技能がありますので、暗記すればいいものではありません。IT資格を取るにはやはり1〜2年ぐらいかかると最初から見積もるべきです。

学生の場合、学校の勉強やテストがあります。また中3場合高校受験、高3の場合大学受験があります。それらの勉強もかなり時間が必要です。それと同時にIT資格をとろうとするなら、なかなか難しいです。だから、取るなら、中1と中2、高1と高2がベストタイミングです。1年間頑張れば基礎レベルのIT資格を取れます。プログラミング教室に通っても自宅での勉強は不可欠です。時間をちゃんと確保して計画して勉強すれば、合格はできます。もちろん、健康であることが大前提です。

もし時間や余裕があまりないなら、今はIT系の資格取りをやめたほうがいいと思います。例えば大学に入って余裕ができましたらその時取ってもいいです。まずいまの学校の勉強をしっかりできるようにしてください。前の項目でも話したように、これからの時代は資格が必ず必要なものではありません。資格があれば就職安心のような過信はしてはいけません。

しかし、コストばっかりを考えたら何もできないじゃないかと言われるかもしれません。実は、資格取りのメリットもたくさんあります。その中、最も価値を感じるのが、その資格勉強の過程で得る知識です。資格のテスト勉強は実践で出会わない内容も出題されます。実践で出会わないからどうでもいいと考えてはいけません。プログラミング学習は体系的、科目横断的な内容が多く含まれています。実践だけでは学べない知識があります。そのとき、資格勉強はその基礎内容をしっかり学ぶことができます。そういう意味で、資格を取るには価値があります。

その資格を持っている人、どれぐらいいますか?

みんなが持っているから、私も持たないといけないと思わないでください。自分に必要な資格を見つけてください。

みんなが持っている資格なら、持たなくていいと思います。なぜなら、企業から見るとみんな持っているので当たり前みんなできることです。わざわざアピールしても特にプラスにはならないです。

ここで重要なのが、資格を取るなら自分に必要な資格とプラスになる資格を取ることです。

自分に必要な資格は次の項目で詳しく説明しますが、要は自分のやりたいことをきめて、それに関係する資格を厳選してください。SE(システムエンジニア)になりたいのに、料理の資格を取っても意味ないです。

プラスになる資格はみんなが持っている資格より少しレベル高いものと思ってください。例えばWordの資格があります。Wordは資料を作るためのソフトです。使いこなせばきれいな資料を作れます。しかし、実際の仕事ではきれいな資料よりわかりやすい内容を書けるのが求められます。Wordの基本の操作さえできれば十分です。別にWordの資格を持っているので特別扱いされることはほとんどないと思います。つまり、Wordの資格は本当に普通の資格にすぎないです。

同じOfficeの中、Excelの資格もあります。Excelは表を作るソフトです。学校では普段あまり使われないので、できない人が多いです。簡単な表を作れるとしても、ちょっとしたマグロや関数が使えない人がものすごく多いです。もしWordかExcelかの資格を取るなら、間違いなくExcelを選ぶべきです。なぜならExcelの資格はプラスになる資格です。

プラスになる資格は難しい資格、レベル高い等級の資格ばかりを選ぶという意味ではなく、本当に将来仕事に役に立つ資格を選んでほしいです。例えば、最近人工知能の活用が多くの企業で行われているようになりました。企業にとって人工知能の基礎知識を持つ人がほしいです。そんなとき、人工知能に使われているプログラミングPythonの、仮に最もレベル低い資格でも、他の人によりその資格が採用の決め手となる可能性が高いです。

自分のやりたいことは何でしょうか?

未来学校プログラミング教室

これは、私の塾生にもよく聞く質問です。やはり、ここが一番重要です。すべての原点です。資格を取るまえに、まず考えないといけないことだと思います。資格を選ぶときも、自分のやりたいことから考えないといけないです。

資格は必ず必要ではありませんが、取るなら。自分に必要な資格を取ってください。車を運転したいなら車の免許を取ると同じ、SEやプログラミングの仕事をしたいなら、プログラミング言語の資格や、データベースの資格、セキュリティの資格を取るべきです。もし資格の代わりにあなたは自分の実力を示せるものがなければ、資格を取ったほうがいいです。少なくても資格を学ぶ過程で得るものがあります。

何の資格を取ったらいいか、まだわからないなら、自分のやりたいことを見つけてください。そこから、あなたが今何をしないといけないかが見えてきます。学生の場合、特に中学生の場合、まだはっきりした目標がない方も多いです。その場合は、資格のことを考えずに、プログラミングに興味があるなら勉強してみたらいいと思います。

もしあなたが資格より実力を考えているなら、はっきりした目標を設定し、時間を確保し、その目標を実現するに必要な学びを見つけてください。そして学んでください。実践してください。発信してください。これがあなたの実力を示すために第一歩です。

番外編 プログラミング資格

IT資格は多くありますが、学生に適切なプログラミング資格はまだ少ないです。ここでは、1つ紹介したいと思います。商工会議所のプログラミング試験です。「日商プログラミング」といいます。

現在Entry、Basic、Standardがあります。今後Expertも開催されるようです。Entryは小中学生がプログラミングを学びはじめたときよく使われているScratchの検定試験です。小学生ならいいと思います。

中学生、高校生なら、少し本格的な学びをすれば、BasicまたはStandardの試験を受けることができます。Basicはプログラミングの基本知識をテストされますが、Standardの場合、プログラミング言語(C、Java、VBA)を選んで受験できます。今後Pythonも追加される予定です。

終わりに

未来学校プログラミング教室

未来学校プログラミング教室は、資格取るためのプログラミング学校ではありません。本格的な開発実力を高めるためのプログラミング教室です。たくさんの実践開発をすることで、生徒が自分の考えで自分の作品を制作できるようになります。その作品をネットで公開し、誰も使えるようなります。その実績が生徒の実力を証明する最も有力な「資格」となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました