学びと活動

学びと活動

ロボットでもいい職業があるから、上級クラスの制作内容が豊富

未来学校の上級クラスの生徒は、アナウンサーの代わりになるロボットを制作します。Pythonによる音声読み上げ機能のプログラムを作成します。これから必要な技術をしっかり習得してもらいます。
学びと活動

もうすぐ新学期!子どものプログラミング勉強を計画しましょう!

中学生や高校生になりましたら、どのようなプログラミングを学ぶべきでしょうか。次のステップへ上がりたいときScratchだけでは足りません。本格的なプログラミング技術を学ばなければなりません。では、何をどう勉強すればいいか、小学生、中学生、高校生に分けて提案します。
学びと活動

2030年に必要なスキルの1位は「戦略的学習力」。

未来学校の生徒がいま学んでいるプログラミング言語ですが、10年後その言語が使わなくなることがよくあります。そのため、生徒が学ばなければならないのがプログラミング言語の学び方です。
学びと活動

2020年、未来学校で新しいチャレンジを!

未来学校はプログラミングを学べるプログラミングスクールです。2020年はすべての生徒に新しいチャレンジのステージを用意しています。いままで専門学校に入ってから初めて本格的に学べる開発技術を、中高生でも学べる環境を提供しています。
学びと活動

開発現場でJavascriptが使われているか

日経XTECHが2019年開発現場で最も使われているプログラミング言語を発表しました。 Javascirptは3位にランクインしました。世界的にもJavascriptが愛されている言語の一つとわかります。
学びと活動

続けることが成功への近道。プログラミング学習も同じ。

プログラミングを上達するには、たくさん作ることが必要です。そして、わからないことがあれば、調べる、質問することが重要です。
学びと活動

プログラミング vs ロボット、初心者はどっちを選ぶ?

プログラミング教室のほうがいいか、それともロボット教室のほうがいいか。実際のプログラミング授業とロボット授業の違いがわからない方が多いと思います。今回の記事は初心者の立場に立ってプログラミング授業とロボット授業の違いを説明します。
生徒作品成績

本校生徒3名が日本学生IT研究学会ITフォーラム2019で発表しました

本日、未来学校の3名の生徒が日本学生IT研究学会ITフォーラム2019に参加し、自分の研究発表を行いました。発表の詳細は日本学生IT研究学校のホームページに掲載されています。ぜひご覧ください。
生徒作品成績

Programming Festival 2019ノミネート作品に選ばれました。

Programming Festivalは今年3年目になります。未来学校の生徒は毎年参加しています。毎年、科目が決められ、Scratchでアニメーションやゲームを作ります。指定科目の内容ならなんでもいいです。プログラミング技術ではなく、ア...
生徒作品成績

Python3エンジニア認定基礎試験に合格!

Pythonはこれから必要になる言語の1つです。人工知能、データサイエンス、ロボットの活用を試みしている企業は、Pythonがわかるエンジニアを欲しがっています。私は上級クラスで研究開発を行っている生徒が全員習得するようにしています。
学びと活動

IT資格(プログラミング資格)は本当に必要なのか?

資格は、必ず必要とは言えませんが、取る価値があります。たくさんの実践開発をすることで、生徒が自分の考えで自分の作品を制作できるようになります。その作品をネットで公開し、誰も使えるようなります。その実績が生徒の実力を証明する最も有力な「資格」となります。
学びと活動

AI翻訳が「人間超え」ても英語を学びましょう

言葉の壁が低くなることは当たり前のことです。語学能力は使用場所場面により、必要性が低くなることは間違いないです。5年前の翻訳はまだ直訳の機械翻訳ですが、いまは人工知能を使った翻訳は人間の翻訳精度と変わらないぐらいになってきました。